フューチャーシティは、富国物産株式会社の省エネ・耐震の住宅設備を備えた建築条件付土地分譲の街創りを提案しています

富国物産株式会社

トップページ » よくある質問

よくある質問

住宅に関する疑問・質問にお答えします

資金について

どのくらい資金があると返済に無理がありませんか?
一概には生活状況によって異なりますが、年収に対して25%を年間返済額にされる方が多いです。
自己資金がないのですが…
住宅ローンで借入できる範囲は、一般的に建物、土地ですが、住宅を購入する際に関わる諸経費(登記費用、火災保険、引越し費用等)も借入する事が可能な場合があります。
諸費用には何がありますか?
  • 土地・建物を所有、担保設定する際の登記費用
  • 火災保険費用
  • 金融機関等に関わる諸経費(保証料、つなぎ融資金利他)
  • 建物に関わる費用(確認申請、上下水道検査手数料他)
  • 不動産取得に関わる税金
  • 引越しに伴う費用
どこの金融機関でローンが組めますか?
一般的に銀行です。国の政策として住宅金融支援機構を利用できます。金融機関で取り扱っています。
予算に上限があるのですが、相談できますか?
お客様の要望に添えるよう提案していきます。
土地と建物の料金はいつ支払うのですか?
土地は契約時に契約金を頂きます。基本は土地金額の10%です。
宅地造成工事等で未完成物件に関しては5%です。土地引渡し時に残金を清算します。
建物は請負契約金額に対して、契約時30%、上棟時30%、引渡し時40%となります。
家を建てるのは何歳くらいが理想ですか?
20代後半~40代半ばでしょうか。若いうちは働ける年数も長い為、金融機関から金額も多く借入できますが、年を重ねると逆に年収があっても、働ける年数が少なくみなされ、少ない金額しか借入できないケースもあります。
あくまで借入を想定した場合です。子供も独り立ちして、自己資金があり夫婦だけでマイホームというのもいいですね。

土地について

車2台分と庭と家でどのくらいの広さが一般的ですか?
理想は60坪です。ただ街中でこれだけの広さを求めると相当な金額になってしまい、建物にお金を回せない状況がでてきます。
45坪~50坪位が一般的です。
「建築条件付き」って何ですか?
その土地に建物を建てる業者が決まっている事です。一般的には土地契約をして、決まった業者と3ヶ月以内に建物を契約しないと土地契約が白紙となる「停止条件付き契約」が多いです。
希望の土地を探してもらえるのですか?
いつでもご相談お待ちして居ります。
地鎮祭や上棟式ではなにをするのですか?
地鎮祭は、建築などで基礎工事に着手する前に,その土地の守護神である産土 (うぶすな)神や大地を主宰する大地主神を祀って,工事の無事や順調な竣工を祈願するものです。お施主様、工事関係者等が出席して行います。
上棟式は、建築儀礼の一で上棟のとき,工匠などが神をまつって行う儀式です。建物の最頂部の構造部材である棟木(むなぎ)を載せるときに行われる儀式で、地鎮祭はほとんど行いますが、上棟式は最近省略されるケースが多いです。
建ぺい率、容積率とはなんですか?
建ぺい率とは、その土地を上から見たときの建物の大きさと、土地との比率です。容積率とは、その土地に対して各階床面積合計との比率です。
数値は各地域によって異なりますので、マンションのような高い建物が建てられる土地もあれば、数値によって低い建物しかできない土地もあります。
地盤は安心ですか?
扇状地といわれる場所は比較的地盤は硬いです。平野部、盆地等は土砂が堆積してできた場所なので、軟弱地盤で地盤改良等の工事が必要となります。
地盤調査費や地盤改良費はどのくらいですか?
地盤調査はおよそ3万前後です。地盤改良費は地盤調査により、支持地盤までの距離、建物の自重等の要素を考慮して決まります。
30坪位の住宅では多くかかると見積もって、100万円位予算をみておくと安心です。

建物について

太陽光発電は元がとれるのですか?
10KW以下の余剰電力売電の場合、発電量にもよりますが、8~9年でとれる計算です。
新築時購入ですと低金利の住宅ローンに組み込めるのでいっそうお得です。
キッチンなどのメーカーは選べるのですか?
フューチャーシティに関しては決められています。メーカーに協力していただいて、フューチャーシティ特別仕様として販売しています。車でいう特別仕様車と同じ考えです。お得な商品となっています。
どの位で完成しますか?
大きさにもよりますが、30坪位ですと基礎工事から始まり、外構工事完了まで約3ヶ月程です。その後各種検査、登記等備えて行くとお引渡しまで約4ヶ月程になります。
引っ越しのタイミングは?
お引渡し当日、又はその翌週が多いです。
建築中に地震がきても大丈夫ですか?
当社は地震に対しては住宅性能表示基準でいわれる耐震等級3程度の住宅を建築して居ります。建築基準法の1.5倍の建物強度の計算です。
建築基準法で言われる建物強度は、数百年に1度程度発生する地震です。万が一に備えて、当社でお引渡し時まで保険加入して居ります。ご安心下さい。
「収納がたくさんほしい」など、希望が多いのですが対応できますか?
大きさに制限のある場合には、限りはありますが玄関クローゼット、ウォークインクローゼット等お客様のライフスタイルに合わせたご提案をさせて頂いて居ります。
間取りのプランはどのくらいありますか?
お客様のニーズに合わせたプラン提案をして居ります。
プランを作成する前にお客様と、どのような家づくりをしていくかお話をさせて頂き、そのベクトルにあったものを形にして、提案するようにして居ります。
間取り優先で話を進めていくと、本来の住宅建築をしようと思った趣旨からずれてしまうケースがあるからです。
ニュースで手抜き工事などを見るのですごく不安です…
社内で建物に携っていない第三者的社員にも検査をしてもらっています。
また、瑕疵担保責任保険に加入していることにより重要工程には、保険法人による現場検査を行っています。
具体的なイメージがないのですが、大丈夫ですか?
お客様がどうして住宅を考えるになったのかが、一番大事な事です。その思いを形にするのがプロの仕事です。
床暖房の光熱費は高いですか?
熱源によっても変わりますが、床断熱は基本的には輻射熱です。部屋の温度を上げるには時間がかかります。
ライフスタイルによっても変わりますが、昼間自宅にいないようなケースでは高くつく場合もあります。

住み始めてから

地震が心配ですが、大丈夫ですか?
地盤調査を行い、それに見合った地盤改良をして、建物も構造計算を行っています。心配ございません。
水回りなど故障の対応はしてもらえますか?
器具についてはメーカー保証、工事については弊社にて保証、また緊急時にはリビングベルといった24時間サポートも対応して居ります。
建物や地盤に問題があったときの保証はどうなっていますか?
建物、地盤に関しては弊社からの保証書が発効されます。
弊社とは別に、建物に関しては瑕疵担保責任保険への加入保証措置、地盤に関しては、保険会社への加入保証措置をとっています。
完成後の定期点検はありますか?
基本1年、2年と有ります。その他ご要望がありましたら、随時行っています。
固定資産税などどんな税金がかかるのですか?
土地・建物を取得した際、不動産取得税が発生します。ある一定の基準を満たすと軽減され、還付請求もできます。
登記時には登録免許税を支払います。司法書士等の見積りに記載されています。
固定資産税は毎年1月1日所有者に課税される税金です。その年の5~6月に普通徴収として納税通知書が送られてきます。
一括納付もできますし、分割納付もできます。土地・建物共に軽減・調整措置があります。